ホーム脱毛の基礎知識 > 毛とホルモン

毛とホルモン

毛とホルモンの関係性は深いです。
男性なのに体毛が薄い、女性なのに毛深い、体毛は濃いのに頭ははげている・・などには理由がありました。

口コミ広場限定の永久脱毛キャンペーンも!

男性ホルモンと女性ホルモン

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つ、男性ホルモンは、テストステロンに代表されるものです。これらのホルモンは、女性と男性の特徴的な部分に影響を及ぼすので性ホルモンと呼ばれています。異性に興味を持ったり、強い感情を生み出すのもホルモンの働きです。 男性にも女性の約半分の女性ホルモンが存在し、女性には男性の1/10の男性ホルモンを持っているといわれていますが、個人差があります。そのため、性毛の成長には個人差があるのです。

体毛とホルモンの関係

【無性毛】
眉毛や睫毛、大部分の頭髪(側頭部・後頭部)は性ホルモンにあまり影響されにくいとされています。これを無性毛といいます。四肢の毛も無性毛の部類に入ります。

【性毛】
両性毛:腋毛や陰毛の下部は男性・女性を問わず、性ホルモンの働きに影響されて生えてくると考えられています。 男性毛:前頭部、頭頂部の頭髪、髭、胸毛、陰毛上部、背中の毛などは、男性ホルモンの影響を受けて濃くなったり薄くなったりします。

その他ホルモンの関係性
男性型脱毛症や多毛は、男性ホルモンの量によって起こりますが、男性ホルモン量が多くてもハゲない人もいれば毛の薄い人もいます。これは、毛包の男性ホルモン感受性が高いかどうかの違いによります。 同じ人の体の中でも、毛の生えている部位によって毛包のホルモン感受性は異なり、その為に人それぞれ体毛の生え方が異なるのです。