ホーム脱毛の基礎知識 > 自己処理

ムダ毛の自己処理

自身で行えるムダ毛処理方法です。主に「抜く、剃る」ことを指します。手軽で安価なのが特徴ですが、結果的に毛が濃くなったり埋没毛になってしまたりと様々なトラブルがあります。

口コミ広場限定の永久脱毛キャンペーンも!

剃刀

自己処理で1番ポピュラーなのがこの剃刀でしょう。一度に広範囲を処理できます。ただし誤って皮膚を傷つけてしまったり、肌の弱い人は炎症を起こしてしまったりします。取り扱いには要注意です。
自己処理はかなり肌へ負担がかかるのでアフターケアはしっかり行いましょう。

毛抜き

剃刀で処理するよりも長持ちするのが特徴の毛抜き。広範囲の部位よりも眉、ワキ、Vラインなどの濃くて太い毛のある部分を使う人が多いようです。殆どの女性が使った事あると思われます。1本ずつ処理するので面倒です。埋没してしまう毛ができたり、トラブルも併発して起こります。 毛抜きの価格はピンからキリで、100円の毛抜きから2000円以上の高級毛抜きまで色々あります。 物によってムダ毛を掴みやすい・掴みにくい毛抜きあるようです。

 

毛抜き 埋没毛 脱毛 埋没毛
毛抜きを使うとよく見られるのがこの埋没毛です。濃く太い毛に多く見られ、特にワキの下によく出来ます。
クリニックで脱毛を行えばこういった埋没毛ができることはありません。

その他の自己処理でのムダ毛処理方法

脱毛クリーム
ムース状の泡を肌に乗せ、数分後に拭き取る方法です。毛が溶けるので勿論肌にも影響があります。 肌の弱い人には向いていません。正しくは脱毛ではなく除毛となります。ドラッグストアで5〜800円前後で購入できます。

脱色クリーム
ヘアカラーと同じようにムダ毛を脱色する事で毛を目立たなくさせる方法です。肌の色が人それぞれ違うように、必ずしもムダ毛が 肌の色と同じになることは難しいようで、脱色したことで逆に目だってしまうこともあるようです。
ドラッグストアで5〜800円前後で購入できます。肌にはかなり負担がかかるのであまりオススメできません。

ワックス脱毛
脱毛用のワックスを肌に塗り、乾いたところで剥がす方法です。ワックス脱毛を行うと1週間程度は毛が生えてこないようですが、 かなりの痛みを伴うので痛みに我慢できないようであればやめたほうがいいでしょう。ワックスを剥がす時に肌の皮が剥けることも あるようです。ドラッグストアで1000円前後で購入できます。エステでもこのワックス脱毛を行っている所もあるようです。

テープ脱毛
脱毛用のテープを貼り、毛の流れと逆の方向に向けて一気に剥がします。ムダ毛が多い人がやるとかなり痛みがあります。 勿論肌も赤く腫れてしまうことも多くあります。ドラッグストアで500円前後で購入できます。

抑毛剤
抑毛剤は毛の成長を抑制させることによって、少しずつ毛を細く少なくするためのものです。抑毛剤が注目を浴びるようになったのは テレビ番組で「手作り豆乳ローション」がムダ毛を抑えるという放送で一躍有名になりました。放送終了後にはメーカー側が豆乳ローションを 作り、その売れ行きはかなりのものでした。効果の程は、徐々に薄くなるようですが、個人差があるようです。ムダ毛を毛根から処理するのでは 無いため、使用を中止するとムダ毛の濃さは以前に戻るようです。
ただし、ムダ毛の自己処理の方法の中では1番肌に優しい方法です。 ドラッグストアで1000円前後で購入できます。

家庭用脱毛機器
自宅で脱毛をする機器はピンキリです。勿論値段も数千円程度のものから何十万円・・・それ以上することもあります。電気屋で購入できるものから通販の物など様々です。効果の程ははっきりと永久性があるかどうかは一概に言えないようです。メリットは機器を買ってしまえばいつでも好きな時にムダ毛処理を出来る反面、デメリットとして効果が疑わしかったり肌のトラブルがあった時の対処は責任を追及できない点です。
購入する際や使用する際はしっかりと商品を見極めましょう。
>> 家庭用脱毛器・脱毛関連グッズへ