ホーム脱毛の基礎知識 > エステでの健康被害について

エステでの健康被害について

エステでは本来脱毛は行えません。しかしながら、今現在でも脱毛を行っているエステは多く、年々その被害も増加している模様です。

多発するエステでの被害

若い女性を中心に人気が出ている脱毛や美顔などをうたったエステサロンの施術で、皮膚障害ややけどなどの健康被害を受けたという相談が近年増えている。
県内の消費生活センターによると、今年四月から九月までの半年間で相談件数は二十五件。このままのペースでいけば昨年度一年間の四十六件を上回りそうだ。
厚生労働省や日本美容外科医師会などは、レーザー機器の使用などの医療行為が医療機関以外で行われ、トラブルが絶えないと指摘、永久脱毛などは医師のいないエステサロンで行わないなど、注意を呼びかけている。

県のかながわ中央消費生活センターなどによると、エステサロンの施術による健康被害の相談は、二〇〇一年度が四十件、二〇〇二年度四十六件と増加。本年度は半年間で二十五件あり、二年半で百件を超えている。
昨年度の相談内容は、皮膚障害が二十三件、やけどが十五件など。大半は脱毛エステによるやけど、かぶれ、はれ、色素沈着などの被害という。
このうち、三十代の女性は、脱毛エステの「お試しコース」で、レーザー機器によりひざに網状のやけどを負い、跡が残ったという。二十代の女性は同じく施術後に両腕と両足が真っ赤になり、病院でやけどと診断された。なかには五カ月以上の治療を要したり、損害賠償を訴えるケースもあったという。

脱毛は、ストッキングをはかない「なま足」ブームで利用者が急増した。ワックスで引き抜いたり、クリームで化学的に切る「一時的脱毛」と、毛穴にレーザーを照射したり、針(電極)を刺し込み毛根組織を破壊する「永久脱毛」がある。
日本美容外科医師会によると、被害が多いのは医療行為にあたる永久脱毛。エステサロンは医療機関でないため、初期対応の遅れや衛生管理の不備なども加わり、トラブルを広げていると指摘している。
業界関係者によれば、エステサロンは営業許可がいらないため実態は分からないというが、成長産業だという。同会などでは実態調査を実施、違法性が疑われる広告を出している業者には独自に通告してきた。
同会は「永久脱毛やケミカルピーリング(角質除去)など、医師法違反の行為を公然とチラシにうたっているエステサロンが少なくない。安価なサービスで集客しているが、深刻な皮膚障害や肝炎感染などの報告もある」などと注意を呼びかけている。