ホーム脱毛のトラブル > 倒産

脱毛トラブル − 倒産

まさかの事態、倒産。もう脱毛は出来ないの?それに支払いはどうなるの? もう既にお金は支払っていても戻ってくるの?まだローンがあるけれど支払うのはおかしい、どうなるの?!

倒産の事実を確認したら

お店に行くとエレベーターがその階だけ止まらない。仕方なく階段で行ったら張り紙が・・・。ということが最近多くあるようです。 まずその張り紙に書いてあることをしっかりメモしましょう。特に連絡先が書いてある場合はしっかりそれをメモし問い合わせましょう。 お店の前にあなたと同じように倒産を知り、困っている人がいたらお互い連絡を取り合う仲間として差し支えなければEメールアドレスを交換しましょう。もし金額が戻ってきた、何か連絡があったなどの情報は仲間として共有したいものです。

倒産、その後の行動は

電話してみる
電話で店舗や、経営している会社へ問い合わせを試みましょう。ただし、かなりの確率で繋がりません。本当に無人なのか、居留守の可能性も否めません。音声テープで何かわかることもありえます。1回は必ず電話してみましょう。

ホームページを確認しよう
あなたが行っていた店のホームページを確認しましょう。今までどおり、表示されていますか?何かお知らせなどの文字があるか見ましょう。 倒産に関する記事も載っているかもしれません。残念ながら「ページが見つかりません」と出てきたら倒産と同時にホームページを削除した可能性があります。

ネットで状況を探る
口コミ・評判サイトなどを検索してみてください。あなたと同じ境遇の人が見つかるかもしれません。そこで情報交換するのも良いでしょう。 意外にこういった被害に巻き込まれた女性というのはネットで色々調べています。殆どがサクラでもない一般ユーザー、被害者です。 地域が離れている店舗の情報なども入ってくる可能性もあります。