ホーム脱毛のトラブル > 肌の炎症

脱毛トラブル − 肌の炎症

脱毛後、なんだか肌が赤い・ヒリヒリして痛いなどのトラブルが出てしまう事があります。脱毛の機械が悪いのではなく、あくまで個人差が あったり、出力が強すぎたりしたためです。その後の処置は店舗側に確認をとりましょう。

脱毛の施術中に異変を感じたら

早く効果を得たいと、痛みを我慢してまで脱毛の施術をする人がいます。確かに脱毛行為は全く痛みが無いとは言えない行為ですが、無理をして やることはお勧めできかねます。終了後も肌の調子がおかしかったらまず、スタッフに言い処置を仰ぎましょう。

どんな状態?

赤くなってしまった
炎症を起こしている可能性があります。同じ出力でも肌に何も影響が無い人もいれば、炎症を起こしたりするのは個人差があると考えてください。その後はクリニックであればドクターに指示を仰げますが、エステでは薬が処方されませんので、皮膚科等に行くしかありません。

血が出ている
店舗によっては脱毛の施術前に生えているムダ毛をシェーバーや剃刀で処理してくれますが、スタッフのミスで肌が切れてしまうトラブルもあるようです。その場合はきちんと担当したスタッフに言い、また店舗側にも処置を促しましょう。

トラブルに合う前に確認を!

事前に質問しよう
どんなに肌が綺麗でトラブルが無い強い肌の人も、脱毛を開始する前に必ずお店やスタッフに確認しましょう。脱毛をしたいと考える人は何かしらトラブルが起こる可能性があります。事前に「脱毛することで炎症や傷、怪我等があった場合、お店はどのような処置・対応をしてくれるか」きちんと確認しましょう。脱毛行為はしっかり聞いておきましょう。